【2021冬至スピリチュアルな意味】目醒めのゲートと開運する過ごし方のヒント5つ

2021年の冬至は12月22日(水)です。この日は昼の時間が1年で最も短い日で、夜の時間帯「陰」のエネルギーが最高潮に達します。

なぜ冬至は重要視されるのか?特に、2021年の冬至は目醒めのゲートが閉じる日とも言われていますから、この辺りを掘り下げていこうと思います。

冬至にまつわる言い伝え、スピリチュアルなこと、開運する過ごし方など、何か参考になるものがありましたら幸いです(*˙˘˙*)ஐ

冬至とは?

まずは、冬至の一般的な意味についてです。

 

冬至とは、北半球では昼の時間がもっとも短くなり、夜の時間がもっとも長くなる日

 

毎年、冬至(12月22日ごろ)の日は、太陽は1番低い空を通りますが、この日をすぎると太陽の通り道は、少しづつ高くなります。

 

冬至の日を境にして、太陽の力が再び蘇ってくることから、「太陽が生まれ変わる日」として世界中で冬至の祝祭が行われていました。

 

たとえば、古代中国では、冬至の月が1年の始まりでしたし、古代ローマでは冬至の日を太陽が復活する日🌞✨

 

太陽が力を取り戻して輝かしい季節が再びやってくるように、願いを込めて、お祭りをしました(*˙˘˙*)ஐ

 

ちなみに古代ローマの冬至の日は12月25日で、この冬至とキリスト教が結びついたのがクリスマスだと言われています。

 

「新しい世界が始まる」そんな日には、この世を照らす光とされたキリストの生誕を祝うのがふさわしいと考えられたのでしょう。

2021年冬至とスピリチュアルな意味

エネルギーの切り替えポイント 

スピリチュアルで冬至は、「未来への希望の光」・「再生」を意味します。

 

この日を境にして、太陽の光のエネルギーがどんどん高まっていきます。

 

冬至は陰のエネルギーが最高潮に達する日であり、エネルギーが切り替わるポイント。

 

陰は、内側に入っていくエネルギーなので、夏至から冬至に向かうにつれて、自分の内側に意識が向きやすく、1人静かに、自分自身と向き合いたくなったりします。

ネガティブな感情の中に眠る可能性

スピリチュアルの世界で冬至は、自分自身の中に眠っている可能性を探し出し、再生するチャンスと考えます。

 

ネガティブな側面を見ないようにする、なかったことにするのではなく、その中に分け入っていく大切な時期(*˙˘˙*)ஐ

 

どんな自分でありたいのか?どんな人に囲まれて、どんな仕事をして、どこで生きていきたいのか?など。

 

ぜひ、あなたが感じていること、心からの望みにじっくりと耳を傾けてみてください。

 

内なる希望を大事に育んでいける貴重な時間になるはずです。

二極化・目醒めのゲートが閉じるとは?

地球の目醒め

スピリチュアル界隈では、2021年の冬至に目醒めのゲートが閉じると言われています。(人類の目醒めの分岐点のことを「ゲート」と表現されています)

 

まず2012年12月21日の冬至、地球が目醒めることを決めています。

 

そこから9年、人類の目醒めの分岐点である2021年12月22日の冬至を迎えます。

 

地球が目醒めることを決めたように、これまでの間、私たち自身も目醒めるかどうかの決断を求められていました。

 

ちなみにですが、人類の目醒めの分岐点は2021年の冬至、アセンションの分岐点に関しては2032年以降になります。

 

これは、「目醒め(魂)」の延長線上に「アセンション(次元上昇・魂のレベルアップ)」のプロセスがあるためです。

 

これから目醒めを選択した魂と眠りを選択した魂とでは、大きく住む世界が変わります。これが二極化です。

現実化のスピードUPと二極化

2021年冬至以降は、完全に進む道と体験することが変わってくると言われています。そして、現実化のスピードも早まる。

 

不安や恐怖をベースに動けばより早くネガティブを経験しますし、信頼や愛、喜びなどのポジティブなエネルギーで動いていると、より早く願望が実現する。

 

もしスピリチュアルに関心がなくても、ポジティブな選択をすることで目醒めの流れに乗っていきます💡✨

 

体験する出来事に対して、「不安」「や「恐れ」をベースにするのではなく「喜び」や「感謝」をベースに行動します。

 

すると、ポジティブな未来を創造し、素早く体験する!天国のような世界を選択したことになります(*˙˘˙*)ஐ

冬至で開運する過ごし方のヒント5つ

冬至で開運する過ごし方をのポイントは、「浄化」と「太陽の光を意識すること」です。

以下に、5つの過ごし方のヒントをお伝えしますので、参考にていただければと思います。

①断捨離・掃除

心地良い空間には、良いエネルギーが循環するので、断捨離や掃除は外せない開運ポイント。

これまでの考え方や、生き方、やり方、人間関係、仕事なども。TVやSNS、メディアの情報を断捨離するのも良い方法です。

空いたスペースにインスピレーションが入ってきたり、アイデアも湧いてきやすくなる(*˙˘˙*)ஐ

②叶えたい望みを明確にする

この時期は、改めてあなたの夢や望みを見直してみることをオススメします。

本当は1番叶えたい望みがあるのに、妥協していることに気付くかもしれません。

望みはどんどん変化していくものですから、今の自分の心が反応する望みをアップデートしてみてください。

  • こうだったら最高だなと感じるキャリア
  • 憧れのライフスタイル
  • 愛を感じる最高のパートナーシップ
  • 理想のボディ、髪型、服装
  • 健康状態

など、リラックスして思いつくままに書き出してみると良いでしょう。

手帳に書いてみるのもおすすめ。こちらは来年用に買いました。「無条件の愛」と「批判をやめるのをサポート」してくれるマゼンダ色はアマゾン限定✨

③ゆず湯に入る

 運を呼び込む前に、ゆず湯に入って厄払いするのは一般的ですね。

入浴で体を清めることが出来ますが、冬が旬のゆずは香りも強いため、より強力に邪気を払うことができると言われています。

④運盛り!冬至の7種

東洋では冬至の日を境にして、運が上昇すると考えられています。

日本では、“ん=運”が二つ重なるものを食べて運を上昇させようとする“運盛り(うんもり)”とよばれる縁起かつぎの風習があります。

冬至の7種が運盛りの食材は以下です🎃✨

  • 南瓜(ナンキン=カボチャ)
  • 人参(ニンジン)
  • 蓮根(レンコン)
  • 銀杏(ギンナン) 
  • 金柑(キンカン)
  • 寒天(カンテン)
  • 饂飩(ウンドン=うどん)
     

⑤キャンドルを灯して静かな時間を

冬至の日にキャンドルを灯すことは、「太陽を歓迎する」という意味があります。

また、炎は最強の浄化法で、深いレベルでの浄化が可能になる。

お勧めは、太陽を連想させる色の、黄色やオレンジ、赤のキャンドルです🕯✨

否定的なエネルギーを癒し、清めることができます(*˙˘˙*)ஐ

それでは、より有意義な冬至の日を過ごせますように💛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です