《自分軸の見つけ方》そうだ、ワクワクして自由に生きる世界へ行こう。

 

自分軸とは?

自分軸のある人は、自分自身のことを知っている人です。そして、ありのままの自分として生きる勇気を持っています。

 

よく例えられるのは、羊とライオン。他人軸の人は羊であり、自分軸はライオンです。

 

羊のように周りに合わせて、安心・安全を優先して生きるのか?それとも、ライオンのような生き方を、自由だけど危険を伴う人生を選ぶのか?

 

どちらが良い悪いではなく、「どちらも選べますが、どちらにしますか?」ということ

 

ただ、どんな物にも選択肢はたくさんあるし、自分で選べること!を知っているのと知らないのでは大きな違いです。

 

周りや権威のある人の言うことを、何も考えずに鵜呑みにして生きることをやめる。それが自分軸のスタートです。

 

自分軸と他人軸

 

自分軸は、“地に足がついている”とか、“中心が定まっている”と同じで、スピリチュアルに関心のある方なら知っていると思いますが、源(ソース)と波長があっているかどうかを意味しています。

 

自分軸で生きたいと思ったら、まず、計画を練るのをやめることです。頭で考えているうちは、源にアクセスできないからです。

 

優れた芸術家やアーティストたちは、この源にアクセスすることで壮大な作品を生み出しています。頭で考えて創っているいるのではありません。

 

例えば、売れる絵を分析して書くのは他人軸。一方、インスピレーションに動かされるままに絵を生み出すなら、それは自分軸です。

 

他人軸で行動しても、本人の満足度はそれほど高くないでしょう。でも、例えうまくいかなくても、周りに認められなかったとしても…自分軸で行動した時は、心が喜んでいるはずです。

自分軸で生きると?

自分軸で生きることは、とても怖いことです。否定されることも多いですし、誰のせいにもできなません。全部が自己責任で、嫌われても良いし、好かれても良いと思える人にオススメの生き方です。

 

ただ、自分軸という言葉に反応している時点で、あなたは自分軸で生きる人なのだと思います。そうでない人であれば、全く興味を持たないでしょう。

 

誰もが昔は自分軸で生きていました。赤ちゃんのときは、周りの空気を読んで泣くのはやめておこう…なんてしなかったと思います。

 

自分軸になると、幸せを感じることが多くなります。勝手に幸せで、勝手に豊かになって、批判されたとしても…どうでもよくなります。他人に振り回されることがなくなるんです。

 

それは、自分自身を一番大切にしているから。他人軸の時も、自分が一番大切なのですが、歪んだ願望が潜んでいると思います。

 

自分軸と恋愛

 

なぜ他人軸になるかというと、「嫌われたくない」とか「良い人でいたい」。そんなエゴに行き着くはずです。

 

ありのままの自分で、その時の気分で振る舞ったとしたら…あなたの友人は、あなたを嫌いになるでしょうか?

 

恋愛でも同じですが、遠慮して本当の自分自身を見せない関係に意味はないと私は思います。きっと、心がどっと疲れてくるはずです。

 

本当に大切な人は、あなた自身が良いと思う部分も、悪い部分も全て含めて「面白い!」とか、「可愛い!」そんな風に思ってくれる人です。

自分軸の見つけ方・作り方

自分軸を取り戻すとき、精神面からアプローチするのは難易度が高めです。一番簡単なボディへのアプローチから始めることをオススメします。

 

自分軸を作るとき、心の声を聞き取らないことにはどうにもなりません。でも、ストレスを感じている人ほど、心の声は聞こえにくくなります。鈍感になった感覚を、敏感な状態に戻していくことが大事です。

 

ステップ1:身体からのアプローチ

身体が喜ぶことをしましょう!身体が緩むことで、全身の緊張がとれ、心の声が聞こえやすくなります。

 

例えば、好きな飲み物や食べ物を、五感を十分に使って味わいましょう。目で楽しみ、舌触りを感じて、味わって、意識を身体の感覚に持っていきます。

 

スポーツやエクササイズ、マッサージ、お風呂に入ることも身体からのアプローチですね。大切なのは、あなたがやりたいことをすること。気持ち良いと感じる、あなたの感覚を大事にすることです。

 

ステップ2:感情の奥をみる

ネガティブな感情が湧いた時、その感情の奥には“恐怖”があります。何に対する恐怖なのか?を掘り下げていきましょう。

 

私たちが過去を悔やむことがあるとすれば…過去の経験から学べていない時です。ですから、ネガティブな感情の奥を、しっかりと見つめてください。

 

一番恐れていることが何か分かると、今までとは行動パターンが変わっていきます。そして、もう同じようなことは起こらなくなります。

 

ステップ3:望みを明確にする

あなたの望みをノートなどに書き出してください。理想の心の状態や生き方、夢など、何でも自由にイメージを膨らませて、ワクワクしましょう。

 

このワクワクする気持ちが、あなたを本当の自分へと導いてくれます。自分軸は、あなたが何にワクワクするのかを探っていくことで、もっと強く、ブレなくなるものです。

 

自分軸ができてきたと感じたら、人に意見を聞くのも良いでしょう。ただし、それはあなたの望みをさらに拡大させるためのヒントとして活用します。

 

ステップ4:行動する

ワクワクする望みを書き出したり、イメージすると、色々な場所や方法でヒントが送られてきます。

 

そんなときは、直感やインスピレーションを疑わず、エイ!っと行動にうつしてください。

 

あなたがハートの声を聞いて、行動することを続けていると…「自分軸がブレてない!」と感じる時が来るはずです。

 

怖いときもありますよね。もし、行動できなかったとしても…行動しようとしたことがまず、素晴らしいです。確実に前に進んでいますから、心配しないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です