ツインレイ宇宙に委ねると、何もいらなくなる。

ほぼほぼ、ツインレイとの関係がうまくいかない時の原因はここにある!と思っています。

『宇宙に委ねる』

今日の記事は、本当に大事なポイントをまとめています。最後まで読んでいただけると嬉しいです。

宇宙に委ねるとは?

そもそも、『宇宙に委ねる』ってどういうことでしょうか?

 

ツインレイに関して同じような意味で使われているのが、『降伏』とか『手放し』です。

 

期待せず、相手をコントロールせず、自分に起こることの全ては宇宙の采配なのだと信じることになります。

 

できますか?

 

私はイメージできないことは信じられないので、最初は信じられませんでした。

 

そんなの人里離れた森に1人で住んで、欲望を絶たないと無理だと思っていたくらいです。

 

でも、今はそれがクリアにイメージできています。

 

宇宙存在も、禅も、タオも、『川の流れ』を使って宇宙の真理を説明しています。

 

あなたは宇宙の壮大な流れの中にいる

1本の大きな川の中を、プカプカと浮かんで流されていくのが私たち。

 

必死に頑張る人は、川の流れに逆らって、自分の力だけしか使っていません。

 

本当はやりたくないことを、気持ちを奮い立たせてやっている時、川の上流に向かって必死に泳いでいることになります。

 

だから、本当にしんどいし、疲れる!

 

なら、川を下れば良いのではないか?

 

「いや・・・みんな頑張っていますから。」と、無理をしても、ずっとは続かないでしょう。

 

みんな同じように、宇宙の壮大な流れの中に流れているのです。

 

私は、流れに逆らうのをやめました。(疲れ果てて、強制的に・・・)

 

リラックスして、どこまでも流されてみよう!

 

すると、私の周りに『心が反応するもの』が集まってくるようになりました。

 

究極の受け身の先に。

バタバタと必死で泳いでいる時には見えなかった、美しい景色、私が欲しかったものがちゃんと、目の前に来ていたことに気付きました。

 

次々に視界に入ってくるトキメクものを手に取り続けて、夢中になっていると、隣にツインレイまで流れてきていました。

 

これが、手放しとか降伏、宇宙に委ねることのイメージです。

 

決して自分から、トキメクものやツインレイを探し求めることではありません。

 

また、他の人が持っているからといって、自分も手に入れようとするのも違うでしょう。

 

川の流れでイメージしてみると、流れに逆らって、欲しいものを奪いに行くって・・・不自然すぎますよね。流しそうめん流れてくるのに、信じられずに箸を逆走させるみたいな。

 

わざわざ遠くまで泳いで行ったり、流れてくるものを必死に追いかけるのではなく、『必要なものは向こうからやってくる感覚』を大事にします。

 

なので、宇宙に委ねると、受け身になると思います。

 

でも、流れてきたものを手に取ったら、夢中になって真剣に取り組んでみる。

 

思ったほど夢中になれないなら、次に流れてきたものに、どんどん移ります。

 

何かを求めに行くことがなくなって、運んできてくれてありがとう!の精神に私は変わりました。

 

リラックスしてプカプカしていたら、必要なものも人も、あなたの周りに流れてくる。

 

あなたが欲しいものは、上流ではなく、下流にやってきます。

 

 

《ツインレイの虎の巻》
↓↓↓
ツインレイと共に生きる全ての人に♡

 

《鑑定はこちらから》
↓↓↓

 

 

3 件のコメント

  • 愛さん♡
    以前、鑑定して頂きました。
    その節はありがとうございました。
    この記事がとても心に響きます
    川にぷかぷかリラックスして
    流れにさかわらない私をイメージして
    います。心穏やかに過ごせています。

    愛さん♡
    応援していますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です