壱岐島の神々が出会う旅

壱岐島に導かれて行ってきました!

神々に繋がる島なので、島全体にパワーがありますし、

行く先々で出会うのが、本当に神様!のような人ばかりで、最高の一人旅となりました。

これから壱岐に行く方の参考になれば良いなぁと思い、まとめています。

壱岐の神話と体感したこと

『古事記』の国生み神話の中に、壱岐が登場します。

 

壱岐は日本で5番目に生まれた島で、別名は『天比登都柱(あめのひとつばしら)』

 

国生み神話は、本当に国を生み出すというよりは、“世直し”

 

この世の中を、次のステージへと導くイメージです。

 

次元上昇・アセンションと関係していて、その重要な場所になるのが、“壱岐”

 

島全体が天に繋がっていますから、壱岐島はエネルギーに溢れています。

 

さて、私は壱岐から帰ってきて、1週間になります。

 

島にいるときから、自分自身がエネルギーのヴォルテックスに入っているのが強烈に分かりました。

 

さらに、良いインスピレーションが入って来るので

 

壱岐に行くと、『願い事が最速で叶う!』と言われている理由が分かった気がしています。

 

壱岐のエネルギーは、あなたの中にある、創造性を高めてくれます。

 

ちょっとでも行きたいと思ったら、ぜひ!壱岐の神々に会いに行きましょう。

壱岐のおすすめ神社3つ

私が壱岐で訪れた神社の中で、おすすめを3つご紹介します。

月讀(つきよみ)神社

芦辺港から車で約10分の場所にあります。

1500年以上の歴史を持つ、月読命(ツクヨミノミコト)を祀る神社です。

神道の発祥の地とも言われていて、厳かな雰囲気が漂っていました。

 

月読命(ツクヨミノミコト)のご利益
  • 安産
  • 健康
  • 病気平癒
  • 航海安全
  • 大漁
  • 農業
  • 五穀豊穣
  • 商売繁盛
  • 諸願成就

 

男嶽(おんだけ)神社

芦辺港から車で約10分の場所にあります。

猿田彦命(サルタヒコノミコト)を祀る神社で、200体以上の猿の石像が出迎えてくれます。

猿田彦命(サルタヒコノミコト)は、あらゆることを良い方向へと導いてくれる、“導きの神様”です。

 

猿田彦命(サルタヒコノミコト)のご利益
  • 交通安全
  • 建築
  • 厄除開運
  • 商売繫盛
  • 出世開運
  • 合格・学業成就
  • 恋愛成就・縁結び

 

御神体からは、エネルギーがビンビン!と伝わってきます。

私は、プライベートツアーを申し込みましたので、男嶽神社の正式参拝、その他行きたい場所にも連れて行ってもらいました。

 

とっても気さくな宮司さんが、ツアーの途中で振る舞ってくれたのは…

 

神社エール!(まさかのダジャレにびっくり。)

 

ちなみに、この神社エールは、手作りの酵素ドリンクで、季節のフルーツが使われています。

 

ツアーでは、神職袴姿の宮司さんが、到着時間に合せて港まで迎えに来てくれます。

 

宮司さんと一緒にパワースポットを巡る、贅沢なひと時を楽しめました。

※『男嶽神社神職によるプライベートツアー』については、この後ご紹介する宿、海里村上の壱岐島アクティビティをご覧ください。

 

龍光大神(りゅうこうおおかみ)

龍光大神は、知る人ぞ知る!という感じの、小さな神社です。

 

芦辺港から車で約20分の場所にあります。

 

一般的な日本の龍神は爪が3本、中国の皇帝を守る龍神の爪が5本です。

 

爪の数でランクが違うとも言われていますが、日本では、3本の爪は天・地・海 の三界を治めることを意味します。

 

そして、龍光大神の爪の数は7本!

 

7は“聖なる数字”と呼ばれています。

 

例えば、月の満ち欠け(28日)、妊娠期間(280日)、身体の細胞の入れ替わり(7年)など、生体リズムのサイクルは7の倍数が多いです。

 

7は創造主(神)と繋がる数字。

 

龍光大神には、あなたの願い事を猛スピードで!天まで届けるお役目があります。

壱岐で泊まるなら絶対!海里村上

壱岐で泊まるならお勧めしたいのが、海里村上です。

 

もう、泊まる前から神対応で、ワクワクしていましたが、到着してさらにワクワク。

 

スタッフの方とお話していて、丁寧な対応なんだけど、緊張せずにリラックスして過ごせる場所だなぁと感じました。本当に居心地が良かった!

 

一人でもしっかり楽しむことができましたし、次は、友達や家族を連れて帰ってきたい場所。

 

こちらの赤い温泉、とりあえず3回入りました。

私が泊まったのは、和洋室。ちなみに全室オーシャンビューです。

一人でもウェルカムな雰囲気なので、初めての一人旅にも良さそう。変わっていく景色を見つめながら、久しぶりの一人時間を満喫しました。

 

壱岐旅行の気になるポイント!

何日あれば満喫できる?

1泊2日でもOK!可能なら2泊3日がおすすめ。

私は1泊2日でしたが、正直もう少しゆっくり島を周りたかったです。

 

 ベストシーズンはいつ?

マリンスポーツ目的なら7〜8月ですが、島を散策するなら初夏や秋が過ごしやすいです。

壱岐は濃厚なウニが有名で、ウニの旬は4〜10月頃!

また、オールシーズン新鮮な海の幸が食べられますが、秋から冬にかけては脂がのったブリやマグロが楽しめます。

 

壱岐島内の移動は?

よほど体力に自信のある方ならレンタサイクルもありですが、レンタカーでの移動がおすすめ。

島1周の距離が40kmくらいで、車で1時間程度かかります。

事前にレンタカーを予約しておけば、港まで迎えにきてくれるのでスムーズです。


壱岐へのアクセス方法

飛行機で行くなら長崎空港を経由して、壱岐空港へ。

または、福岡から高速船やフェリーで行く方法があります。

  • 博多港から、高速船(ジェットフォイル):約1時間5分 片道4040円〜
  • フェリー:約2時間10分 片道1980円〜

※満席になることも多いので、事前予約がおすすめです。

【九州郵船】
HP:https://www.kyu-you.co.jp/
TEL:092-281-6636

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です