自由に生きるとは?フルタイムの自由よりもパートタイムを選ぶ。

親元を離れたら自由になれる、海外に行けば自由になれる、会社を辞めれば自由になれる…etc.

今回のテーマは『自由に生きる』

あなたが自由に生きると決めた時から、今どこにいて何をしていても自由になれる。という視点から書いています。

より良く生きるために、何か気付きがあれば嬉しいです!

自由に生きるとは?【自由の3ステップ】

『自由に生きる』と聞いて、あなたは何を思いますか?

 

過去の私は、「好きなことが好きな時に出来ること」だと思っていました。ちょっと表面的な理解しか出来ていませんでした。

 

今なら、もっと広い視野から、自由にも段階があること。自由になりたいと言っている人の多くが、実は自由になることを恐れているのだと分かります。

 

ここからは、自由の3ステップを解説していきます。(ただ、1と2のステップは同時に体験する方も)

 

ステップ①何かからの自由

国籍や人種、所属している組織、家族、固定概念からの自由。これが自由の最初の部分で『自由の基盤』をつくります。

 

私の場合は、海外留学がキッカケになりました。日本では無意識に『周りと同調する意識』が働いていたのですが、一気にもうどうでも良くなって、忘れていた自分がひょっこりと顔を出しました。

 

これまでのは自分を抑えて、周りに合わせることが多かったのですが…枠が外れて、本当はこんなに身軽だったのか!とワクワクしたのを覚えています。

 

相手の顔色を伺ったり、空気を読むことが普通だった生き方から、『どうすれば目の前にいる人と楽しい時間を過ごせるのか?』が私の主軸になりました。

 

でも、この人とは楽しい時間を過ごしたいと思わない時は…もちろん迷わず逃げる!

 

何かから自由になる権利を、私たちは生まれながらにして持っています。

 

ステップ②何かのための自由

自由そのものには、意味がありません。ですから、自由になることを目的に頑張ってきても、いざ自由になると『何をして良いのか分からなくなる人』が多いもの。

 

自由になるために、好きなことを好きな時に、思いっきりやるために全力を傾けてきたけれど「あれ?本当にやりたいことって何だろう?」と、自由になると、何をすべきか真剣に考え始めるのです。

 

そして自由になると、もれなく『責任』がついてきます。

 

これが怖くて、やっぱり誰かに責任をとってもらい、庇護の元で生きていきたいな…と思うこともあるでしょう。

 

それでも、私は動物園いる動物みたいに生きるのではなく、どんなに危険でもワイルドライフをおくりたい。もしくは、半野生?がちょうど良いなと思います。

 

例えば、独立して会社から自由になったけれど、お金が廻らず…嫌な仕事をお金のために引き受けるとしたら、今度は『お金』や『時間』に縛られることになるでしょう。

 

だから、最初からハードルの高いフルタイム自由!を目指すのではなくて、パートタイムの自由で良いのです。

 

ステップ③ただの自由!

何かからの自由」と「何かのための自由」どちらでもないのが、真の自由です。

 

それをする目的がない。ただ、やりたいだけ。そんな感覚。

 

ステップ②の「何かのための自由」には、『未来のために、何かをしておく』備え。今ではなく未来に意識が向いています。

 

例えば、

  • 今の仕事を辞めたいから、副業を始める。これは、何かからの自由です。(ステップ①)
  • TOEICのスコアが高いと何かと有利だから、TOEICの勉強をしよう!何かのための自由、未来思考(ステップ②)

 

ただの自由とは、『今の瞬間』を生きることです。

 

未来のために何かをするのではなく、先の計画を決めず、その瞬間から次の瞬間へ移ります。

 

もちろんTOEICの勉強に心からワクワクするなら、それは今の瞬間を生きている!

自由の源泉【自由に生きる方法】

私は、人生のほとんどを何かに縛られて生きてきました。

 

やっと自由になれたと思ったら、次はお金、そして時間の奴隷のようなことを繰り返したり。一向に自由になれませんでした。

 

昔と今で、何が違うのかな?と考えてみると…自分の『身体』に優しくなりました。当時は「疲れた。休みたい。」しか、心の声が聞こえなかった。

 

やりたいことと言えば、ダラダラ漫画を読むことでしたから、とにかく疲れていたんです。

 

自由になるための土台は身体

スピリチュアル、神秘家の世界ではよく『身体は神殿』だと言われます。

 

身体の中にはあらゆる神秘が宿り、神が住んでいる身体を大切にするようになると、意識が内側に向かいやすくなります。

 

ありのままの自分で、自由に生きるために、まずエネルギーの荒い『身体に意識を向ける』必要あるのです。

 

私の場合は、不安や恐怖を感じる度に、ヨガで身体をほぐしてハーブティや、大好きな紅茶でリラックスしていました。漫画を何日も読んでナマケモノのような生活を楽しんだり。

 

自由とは自分自身であること

自由とは、自分自身であることです。身体がリラックスしてくると、自分自身の内側の通路が開きます。参道が開いて、神殿に行けるようになるので、

 

今のあなたに必要な『何か』が、創造主・宇宙・神(呼び方は何でもOK)から直感として入ってきます。

 

無理に誰かの真似をしなくても、自由の源泉はあなたの内側にありますから、大丈夫。この直感こそが、あなたを真の自由へと導いてくれます。

 

だから自由に生きると決めた時から、今どこにいて何をしていても必ず自由になれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です