エンジェルナンバー1331と恋愛【再び繋がる魂の家族がいます】ツインレイ

エンジェルナンバー【1331】は、“魂の家族と再び繋がること”を、あなたに伝えています。

天使が届けてくれる、スピリチュアルなサインの意味を知り、願いを叶えたり、問題解決の糸口になれば嬉しいです(*˙˘˙*)ஐ

それでは、エンジェルナンバー【1331】の意味と恋愛・ツインレイへのメッセージについて、それぞれお伝えします!

エンジェルナンバー【1331】の意味

エンジェルナンバー【1331】は、“魂の家族と再び繋がる喜び”の意味があります。

 

あなたにとって、何かプラスなことが起こるというメッセージです。特に人間関係のことで、とても良いことが待っているでしょう。

 

また【3】はアセンデッドマスターを表し、【1331】はミラーナンバーと呼ばれます。これは、今のあなたが望み通りの未来を創造しやすくなっているサイン。

 

🌟アセンデッドマスターとは、キリストやブッダなど、かつて地上で人間として生きた後、霊的指導者になった存在のことです。

 

【1331】を見たなら、楽しい時間を増やしてみてください。

 

あなたが、楽しいと感じられることなら何でもOK♪楽しい時間は心を満たし、ハイヤーセルフと繋がります。

 

「こんなことして何になるの?」と考えてしまうようなことこそ、やってみてましょう。大きな喜びと意味がもたらされるはずです。

 

頭で考えすぎて、子供のように楽むことができない人が多いですが、ここは勇気を出して楽しんでみてください。

 

続けていくとポジティブなシンクロニシティが連続で起きたり、奇跡のような事を体験します😊

エンジェルナンバー【1331】と恋愛

エンジェルナンバー【1331】恋愛は、“満足できる結果”の意味があります。

 

結末を意味していますから、新しい関係が始まったり、現在のパートナーシップに変化が生じるでしょう。

 

さらに絆が深まる場合もありますし、関係が終了するのかもしれません。ただ、別れは、より良い未来のために起きています。

 

二人の間にあるパートナーシップの学びをクリアすれば、波動は高まりますし、その波動に合ったソウルメイトに出会うことになります。あなたが望むならぴったりの相手が必ず人生に登場する。

 

恋愛をしているときに【1331】をよく見るなら、流れに身を任せてみてください。

 

もし、それが難しい時には、遠慮せずアセンデッドマスターに『何を助けて欲しいのか?』伝えましょう。

 

あなたの呼びかけに100%応答してくれますし、次に何をすべきか順番に教えてくれます😊

約85%が3カ月以内に復縁成功《電話占いヴェルニ》 

 

エンジェルナンバー【1331】とツインレイ

ツインレイとは

エンジェルナンバー【1331】は、ツインレイたちにとって、“再び繋がる縁”を意味します。

 

魂の家族との新たなスタートの時を迎えていますから、あなたが大切に思う人や場所に関して、何か新しいことが始まるでしょう。

 

天使は、大切な人との距離が縮まるように応援してくれています。ツインレイやツインソウルと疎遠になっていた人は、再び繋がる時。

 

もし、本当はやりたいけれど…不安のあまり一歩を踏み出せないことがある人は、今こそ思いっきてやってみましょう!あなたにとって、とても良いことが起きるはずです。

 

湧き上がる心の声を聞き、行動することは、自分自身を愛すること。

 

あなたが自分自身を丁寧に扱うなら、あなたの愛する人も同じように大切にしてくれるでしょう。

まとめ

 

アセンデッド・マスターが、メッセージを伝えています。あなたにとって、何かプラスなことが起こる予感。特に人間関係のことで、とても良いことが待っているでしょう。

最善の結果がもたらされますから、あなたが良い気分でいられる思考や行動を大切にされて下さい。

天使との対話を楽しんでいただければ幸いです。

愛を込めて
Ruri

 

電話占いヴェルニ

3 件のコメント

  • ありがとうございます。コロナ禍の中、なかなか思うようになりませんが、今ある状況の中でできることを生き生きとやっていきます。心から感謝します。

    • みかさん
      コメントありがとうございます♡
      素晴らしい心がけだと思います!
      今だからできること、私も精一杯やりたいです( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )☆

  • そうですね。総理大臣でもないのにお国のことをせっせと考えてました^^。ああすればラクになるに違いないとか。自分がやれないことをやるにはどうしたらいいか?みたいな。自分が快適に過ごせているから、わざわざ考えることもないけれど、でも自分が困った時はどーしょうかな?わたしは困るような場面で、困りたくないんです。何があっても生活できることが好きなので。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です