やっぱり意識が全てだった。

望むものに意識を向ける。

本当に大事だなと思います。

今日は、ふと思い出した病院での出来事を書いてます。医療系が苦手な人はご注意を🌟

本当に意識が全てなのだ

もう10年くらい前のこと。

 

帝王切開の傷がくっつかなかった人がいたのを覚えています。

 

若いし、何の問題もなかった人なのに、なぜ?!と当時は思ったけれど・・・・『意識が世界を創る』と知ってからふに落ちました。

 

彼女が常に口にしていたのは、「旦那が年下で、帝王切開の傷が残って嫌われないか心配・・・」

 

毎日言い続けていました。

 

結果、ぐるっと丸い5cm四方の空洞がお腹にできて、さらなる手術をすることに。

 

彼女は望まないことをリアルにイメージして、意識を向け続けたから、それが現実になったのだと思います。

 

あなたが考えていることから出る波動と同じ性質のものが引き寄せられる。(宇宙の法則)

 

心から望むことを考えていたら、それが実現するし、心から嫌なことを考えていたら、それが実現していくのです。

 

だから、力強く言いたい!『望むこと』に意識向けよう!

 

「私はすでに健康です。」とか。

 

いろんな病棟で働いた経験ありますが、これまでの人生、インフルエンザにかかったことはありません。そもそも、私の周りにいる人みんなかかったことないです(入院患者は除く)。

 

「は?かかるわけないじゃん!健康だし!」とみんな笑ってました。信じていることが、やっぱり現実になってます。

本当に望むことは何か?

望まないことが出てきたら、「じゃあ私の望みは何だろう?」

 

そんな自己対話を私はいつもします。

 

望むものが分からなかったり、実は全く違うことを望んでいた!なんてこともあります。

 

実際に、「子供が欲しいんです!」と言っていた不妊治療中の方。

 

望みをよくよく聞いていくと、「本当は欲しくないんだけど、周りからのプレッシャーが(小さな声で)・・・

 

でも、本当は仕事に集中してたいし、2人だけで仲良くお出かけする未来が理想です。(声が大きくなってニコニコして)」

 

なんて言われたこともあります。

 

だから、あなたが良い気分になれること!それが本当の望みだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です